知っておきたい!離婚の3つの方法

離婚をするためには3つの方法があります。どの方法で離婚するのかはシチュエーションに合わせて様々です。あなたに取って、どの方法の離婚が良いのか考えてみましょう。3種類の方法についてご紹介しますので参考にしてみてください。

方法1:協議離婚

夫婦同士での話し合いで離婚が合意できる場合は、協議離婚として離婚が成立します。全離婚案件の約90%がこの方法にて離婚を成立させています。
しかし、浮気調査を行う夫婦の場合などは、話し合いで解決することができずに、調停離婚となってしまうケースもあります。その理由としては、財産分与や慰謝料、親権問題などについてお互いの話し合いにて合意が得られないことが多いためです。
特に離婚の原因が浮気となると、慰謝料を請求することを主目的としている場合が多いです。この場合は、夫婦の間での合意が取ることができずに、調停での話し合いとなってしまうことが多いのです。
協議離婚を取る場合は、お互いに同意し誓約書を交わした上で別れましょう。

方法2:調停離婚

先に紹介した、協議離婚にて夫婦間の合意が取れない場合には、調停離婚へと移ります。方法としては離婚調停を家庭裁判所に申し立てることでできます。現在の日本の法律では、離婚の際には離婚調停を行わずに、いきなり裁判を起こせないようになっています。そのため、裁判を起こす気持ちがあったとしても、まずは離婚調停を行う必要があるのです。
離婚調停は、家庭裁判所の3人の調停委員、場合によっては離婚弁護士の立会いのもとで話し合いをするもので、やはり協議を行うことが必要です。調停委員は家事調停委員2名と裁判官1名の構成となります。この段階で話し合いの合意が取れれば調停離婚が成立します。しかし、合意が取れない場合は、いよいよ裁判を起こすこととなるのです。

方法3:裁判離婚

協議離婚、調停離婚にて解決しない場合には、いよいよ裁判離婚となります。この段階まで来ると、結果がどうであれ強制的に離婚を成立させることができます。調停とは異なるため、どちらに異論があったとしても最終的に離婚するかどうかの決着がつけられます。基本的には、家庭裁判所に離婚の訴えを起こして離婚を認める判決をしてもらうわけですが、この場合は、裁判ですので法的な離婚原因を用意しておく必要があります。そのため、離婚原因の証拠を十分に集める必要があり、多くの場合は離婚弁護士を雇うことも考慮しなければならず、多大な金額が発生する場合もあります。およその離婚弁護士費用の目安としては平均で約60万円前後と言われています。

コメントは受け付けていません。